2021-07-02

パティシエ経歴 AZUMINO SANGOになるまで

AZUMINO SANGOってどんな人?田舎のお菓子職人、菓子研究家の現在に至るまでのストーリー

小さい頃から甘い物が大好き。

パティシエになるきっかけ

私がお菓子の道へ進むことになったのは、中学生の時に友達のお母さんがおやつに作って出してくれた チーズケーキ が始まりです。あまりの美味しさに衝撃を受け、おうちでこんなに美味しいケーキが作れるんだ!
と感動しながら何ピースも食べたのを今でも覚えています。

それ以来いつも遊びに行くとホールでチーズケーキを焼いて出してくれました。
それから自分でも作るようになり、高校生の頃はよくおやつに学校に焼いては持って行きました。

そして進路に迷っていた高校三年生の時、地元の調理師専門学校に製菓ができることを知り、

料理は自信ないけど…製菓なら甘いの好きだしお菓子作れるし楽しそうだし♪良いかな〜

と入学を決めたのでした。

製菓衛生師としてパティシエの道へ

  • 卒業後は製菓衛生師・食生活アドバイザー2級・食品表示検定初級・wiltonメソッド・あんフラワーケーキ・ショコラアドバイザー・などの資格習得。
  • パティシエとして地元のパティスリーにて基礎を学ぶ
  • その後県外のイタリアンフレンチのレストランカフェのドルチェ担当
  • チェーン店のパティスリー・店長候補
  • フルーツタルト専門店・製造リーダー
  • イタリアンカフェのシェフパティシエを経験。
  • AZUMINO SANGOとして活動を始める。オーダーケーキやお菓子教室を開催、韓国の先生のもとあんフラワーケーキを習得。現在はプラントベースなヴィーガンスイーツ、ロースイーツなどの菓子研究中。

パティシエとしての経験を活かしておうちおやつレシピブログ公開していきま〜す!

\\ まいにちおやつ31レシピ //

今でも甘いものは大好き。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA