2021-09-07

DAY17《無料公開まいにちおやつ31レシピ》爽やかレモン香るサマーパンナコッタ! !

AZUMINO SANGOと作る《まいにちおやつ31レシピ》17日目は、爽やかレモン香る夏のサマーパンナコッタのレシピです。

パンナコッタを作るとふと思い出すことがあります。
イタリアンカフェレストランでシェフパティシエをしていた頃
毎週パンナコッタを2つ買いに来る常連のお客様がいました。

元気でいらっしゃるかな? 

そんなお客様も虜にした愛されパンナコッタのレシピをおうちおやつ用にアレンジしました。


さっぱり爽やかレモン香る夏のぷるぷる滑らかパンナコッタレシピ大公開です!!

気付けばもう9月に入りましたね。まいにちおやつ31レシピ(summer)夏スイーツのメニューだったので8月中に終わるはずが。。頑張って更新していきます。

ところでパンナコッタってなあに?

ナンテコッタ! !
パンナ•コッタはイタリアのスイーツです。

パンナコッタとは?ブランマンジェ、ババロアと、なにが違うの?

3つとも見た目は白くぷるぷるしていて同じようなスイーツに見えます。

3つとも似ているのでよく聞かれる質問がこれ。

なにが違うの?

簡単に言ってしまえば、パンナコッタはイタリア生まれのスイーツ。ブランマンジェはフランス生まれのスイーツ。この2つは材料もほぼ同じですが、牛乳にアーモンドの香り付けをしたものがブランマンジェ。

ババロアは材料に卵が入って、泡立てた生クリームを混ぜるので食感も少し違うものになります。


パンナコッタ

パンナコッタはイタリアのスイーツで牛乳と生クリームと砂糖をゼラチンで冷やし固めたものです。口当たりはトゥるんと滑らかな食感です。


パンナ・コッタ(伊: Panna cotta)またはパンナコッタ(伊: Pannacotta) はイタリア発祥の洋菓子の一種である。イタリア語で「調理したクリーム」という意味である。ゼラチンでとろみをつけ、型に入れて作るつるりとした口当たりの甘いクリームデザートである。クリームはコーヒー、バニラ、または他の調味料で香り付けされていることもある。

ウィキペディア(Wikipedia)

ブランマンジェ

ブラマンジェはフランスのスイーツで、白い食べ物という意味。
《白い》を意味するブラン/blancと、《食べ物》を意味するマンジェ/mangerを合わせた名称です。アーモンドの香りをつけた牛乳と砂糖と生クリームをゼラチンで冷やし固めたものです。

ババロア

ババロアは、卵と牛乳と砂糖を混ぜて泡立てた生クリームを合わせ、ゼラチンで冷やし固めたものです。
ゼラチンで固める部分はパンナコッタとブランマンジェと一緒ですが、卵を使うことや、生クリームを泡立てる部分が異なります。
パンナコッタとブランマンジェはトゥるんとした食感ですが、ババロアは泡立てたクリームが入るため食感がふわっとするのが特徴です。

Let’s cook ! !

\ ソースをかけて食べるのもオススメ /

爽やかレモン香るサマーパンナコッタ

サマーパンナコッタは爽やかレモンの香りがポイント! !レモンの皮をすりおろします。
秋冬はバニラの香りにラム酒をプラス、コクのある濃厚クリーミーなパンナコッタにするのもおすすめ。チョコに苺や抹茶など、パンナコッタはアレンジが効くので基本のこのレシピを覚えておくとつかえます。

DAY15のレモンケーキでも使ったゼスターグレーターを準備しよう!

【プロ料理人が監修】 OROSSO おろし器 おろし金 チーズグレーター すりおろし器 チーズおろし チーズ削り パルメザンチーズ しょうが ニンニク ゼスターグレーター (ブラック)

材料

  • 牛乳 170g
  • グラニュー糖 40g
  • 板ゼラチン 3g
  • バニラビーンズ 1/4本 
  • 生クリーム35% 150g
  • 国産レモンの皮 1/2個

ゼラチンはどんなものを選べばいい?

ジェリフ ゼリエース 板ゼラチンリーフ300 100g

このレシピではゼラチンは板ゼラチンを使用しています。

そもそもゼラチンって何からできているの?

ゼラチンはコラーゲンからできています。

ゼラチンとは? 板ゼラチンと粉ゼラチンの違い。

ゼラチンは牛や豚の骨や皮に含まれているコラーゲン(タンパク質の一種)からできています。

コラーゲンはそのままの状態では水には溶けません。しかし、加熱するとこの構造が分解されて性質が変化し、水に溶けやすくなります。このように温めると溶けて、冷やすと固まるのがゼラチンの特徴です。

弾力性と粘性が強いので、やわらかく、ぷるぷるしていて、トゥるんとした食感になるのもゼラチンの特徴です。


板ゼラチンも粉ゼラチンも主成分は同じ


製造過程で薄い板状に固めたものが板ゼラチンです。ゼラチンリーフと呼ばれることもあります。
粉ゼラチンは、板ゼラチンより弾力があるのが特徴です。
温めた液体に直接入れて溶かします。ポイントは水にふり入れてかき混ぜてふやかすことです。
粉ゼラチンに水をかけると、全体に水が行き渡らずダマになりやすいので注意! !
粉ゼラチンはふやかした水ごと使用します。

固める力は板ゼラチンの方が弱く、粉ゼラチンよりも固まるまでの時間が長くかかります。

また粉ゼラチンは好きな量を使うことができ、家庭でも扱いやすいです。
冷水でふやかす手間が不要でムラなく溶かすことができるので、ビギナーさんにおすすめ。

板ゼラチンは枚数で測れない場合は、ハサミでカットして調整します。
必ず氷水でふやかしましょう。お湯やぬるま湯だと板ゼラチンの表面がら溶けてしまい扱いづらくなるので注意! !
氷水でふやかしてからぎゅと水分を絞り、キッチンペーパーなどで水気をよく拭きとります。

作り方

カフェレストランのメニューではラズベリーソースをかけて仕上げていました。

※板ゼラチンは氷水でふやかしておく。

  1. 鍋に牛乳・グラニュー糖・バニラビーンズを入れ、ホイッパーで混ぜながら沸騰直前まで温める。
  2. ボウルにレモンの皮をすりおろす。
  3. 1に板ゼラチンを加えよく混ぜて溶かし2のボウルへ移す。ホイッパーで混ぜながらボウルを氷水に当てて冷やし粗熱をとる。
  4. 完全に牛乳が冷たくなったら生クリームを加えよく混ぜ、濾す。
  5. お好みの器やカップに流し込み冷蔵庫で一晩冷やして固める。

ソースをかけて仕上げたいときは、DAY12いちごのソースのレシピを参考にして下さい。

DAY12《無料公開まいにちおやつ31レシピ》簡単おうちカフェドリンク、夏秋いちごのシュワシュワソーダ!!読めば分かる夏秋いちごといちごの洗い方。
【無料レシピ印刷OK】爽やかレモン香るサマーパンナコッタ

PANNA COTTA

AZUMINO SANGOと作る《まいにちおやつ31レシピ》DAY 17

投稿者azumino.sango

材料
 170 g 牛乳
 40 g グラニュー糖
 3 g 板ゼラチン
 ¼ 本 バニラビーンズ
 150 g 生クリーム35%
 ½ 個分 国産レモンの皮(すりおろし)

板ゼラチンは氷水でふやかしておく。
1

鍋に牛乳・グラニュー糖・バニラビーンズを入れ、ホイッパーで混ぜながら沸騰直前まで温める。

2

ボウルにレモンの皮をすりおろす。

3

1に板ゼラチンを加えよく混ぜて溶かし2のボウルへ移す。
(牛乳にレモンの皮の香り付けをします)
ホイッパーで混ぜながらボウルを氷水に当てて冷やし粗熱をとる。

4

完全に牛乳が冷たくなったら生クリームを加えよく混ぜ、茶漉しで濾す。

5

.お好みの器やカップに流し込み冷蔵庫で一晩冷やして固める。

材料

材料
 170 g 牛乳
 40 g グラニュー糖
 3 g 板ゼラチン
 ¼ 本 バニラビーンズ
 150 g 生クリーム35%
 ½ 個分 国産レモンの皮(すりおろし)

手順

板ゼラチンは氷水でふやかしておく。
1

鍋に牛乳・グラニュー糖・バニラビーンズを入れ、ホイッパーで混ぜながら沸騰直前まで温める。

2

ボウルにレモンの皮をすりおろす。

3

1に板ゼラチンを加えよく混ぜて溶かし2のボウルへ移す。
(牛乳にレモンの皮の香り付けをします)
ホイッパーで混ぜながらボウルを氷水に当てて冷やし粗熱をとる。

4

完全に牛乳が冷たくなったら生クリームを加えよく混ぜ、茶漉しで濾す。

5

.お好みの器やカップに流し込み冷蔵庫で一晩冷やして固める。

【無料レシピ印刷OK】《AZUMINO SANGOと作る まいにちおやつ31レシピDAY17》サマーパンナコッタ


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA